So-net無料ブログ作成

ああ、浮島の空

 ゆったり、まったり展開されるこの歌は昭和30年代、
40年代の小生の子供時代にあった事実を唄っています。

 「夢の浮島」と言われ毎日毎日凄い数の観光客で賑わったこの地
臨時バスが往来し、観光船が浮島の港桟橋に出入りしていました。
 真っ黒の砂鉄が海岸線を覆っていました。

 焼けた砂浜には木道があり、その上を歩いて湖面に入り込んだものです。
小生は水浴びよりバイド三昧、稼いだ後は大人の世界を垣間見ながら、
コカコーラやカレーライスを大人気分で食する事がカッコイイと思っていた頃です。

 夕方の筑波山が赤く染まり、ポプラ並木に照らされて、その並木は筑波山へ向かっていました。

 『ああ、浮島の空』 曲 詞 唄 高須 巌

1)兄と泳いだ砂浜の、足の熱さに泣きじゃくる
  みかねた母が近寄りて、抱かれて眠った和田岬

2)モーターボートに乗り込んで、バランス崩して湖面落ち
  兄は必死で近寄りて、寸でのところで機械切る

3)水の家のライスカレー、黄色い色が懐かしい
  初めて飲んだコカコーラ、薬の匂いを想いだす

4)タヒチの村のバンガロー、大人の世界を垣間見る
  夏の休みの大半は、大人気分で屯(たむろ)する

5)浮島港に着く船は、さつき丸やあやめ丸
  母と乗船里帰り、帰りは母の寂しさか

6)ポプラ並木が遠くまで、筑波茜に染まる頃
  無性に母の懐に、妹連れて帰り道


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。